楽園ハワイと私

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。

2023年02月

3月10日まで空軍の演習実施

FullSizeRender

今朝は早朝8時過ぎから終日爆音が激しかった。アメリカ空軍の戦闘機が爆音を残して日常の飛行訓練に飛び立つのは、普通ならば午前9時過ぎのはずだ。何だろう?中國からまた風船がハワイにやって来たのか?

アメリカ空軍は、オアフ島とカウアイ島の住民に、今後 2 週間で軍用機の発着が増加することを発表している。アメリカ空軍第15航空団とハワイ空軍州兵が、今日から3月10 日まで演習を実施する。

北朝鮮のミサイルは、日本どころかハワイまで到着する能力があるという。中國は東シナ海の領域を広げようとしている。尖閣諸島周辺は緊張する領海となっている。中国海軍の船だけでなく戦闘機も挑戦的だ。台湾の次は日本が危ない。

ロシアのウクライナ軍事侵攻から1年、いつ戦争が終わるのか誰もわからない。朝鮮半島、ロシア、中国と隣接する日本はたえず緊張を強いられている。日本にはアメリカ軍の基地があり、その支援をするのが日本に近いハワイのアメリカ軍だ。混沌とする世界状況に対して、もしもの時に備えなければならない。ハワイでの演習もその一つなのかもしれない。


*レインボーカウント: 午前8時過ぎ(ほぼ終日)に出現 2023年 10日

2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



ハワイ物価高、焼魚弁当3,000円

FullSizeRender

日本のコンビニの一つファミリーマートの「焼きサバ弁当」が絶品だそうだ。少し小さ目な弁当ながら焼きサバの他、ちくわ磯辺天ぷら、玉子焼き、きんぴらごぼうに漬物などが日本の国産米のご飯の上に盛り合わせた弁当のお値段は?なんと323円(税込348円)

そんなニュースをチェックした後に、アラモアナセンターのムスビ・カフェ(日本の弁当屋)に陳列されている弁当の価格を二度見してしまった。何の変哲もないごく普通の弁当が20ドルを超える時代がこんなに早くやって来るとは思ってもいなかった。3年前だったら、この弁当は10ドルもしなかっただろう。

弁当に付いている値段は21.50ドル、現在の為替1ドル136.28円で換算すると2,930円、ハワイの消費税4.712%を加算すると何と3,069円となる。3,000円超えする弁当の中身は、庶民のバターフィッシュの焼き魚、コロッケ半分、揚げ餃子、きんぴらごぼう、揚げ豆腐?、お新香、きっとカリフォルニア米、その上にかわいい梅干しに蒲鉾が一切れ。

為替は取引市場価格であって私たちが両替したり、クレジットカード決済されると、この豪華弁当はさらに高くなるはずだ。ハワイで家族三人がこの弁当を三つ食べて、それぞれ伊藤園のペットボトル「お~いお茶」を飲んだら、きっと1万円は超えるだろう。3年ぶりにハワイを訪れる人たちは、異国を訪れるものと考えた方がいい。

*レインボーカウント: 午後5時半に出現 2023年 9日

2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



最低温度20℃で震え上がるハワイの贅沢

24 034

ちょうど一週間後が立春で、春はすぐそこまでやって来ている。日本の多くの地域ではまだ寒そうだ。最低温度が20℃近くまで下がると、震え上がっているハワイ住民はその恵まれた環境を改めて認識する必要がある。

アメリカ本土は寒波が襲っている。一年を通して温暖な南カリフォルニも例外ではない。冬でも昼間はTシャツで過ごせるはずのロサンゼルスやラスベガスに雪が舞っている。ハリウッドの英語の大きなサインにもうっすらと雪が降っているのがニュースになっている。

また普段雨の降らないロサンゼルス周辺では大雨洪水注意報が発令され、ロサンゼルスのバーバンク空港周辺は水没した車両が放置されている。干ばつに悩まされたカリフォルニア住民は、今は大雨に外出も自由にできないほどだ。

ハワイでは20℃で寒い寒いと不平不満を言い立てている。世界のニュースを見れば、我々ハワイ住民がいかに恵まれているかを知ることになる。20℃で寒いと言っていてはバチが当たる。(日本語の「バチ」はハワイ英語になって使用されている)


2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



道路の穴を避けて通行中

IMG_0038

毎年ハワイは全米50州のうちで、ドライバーに最もやさしくない州としてランキングしている。毎年のことで驚くことはないけれど、狭い島のお粗末な行政が原因の一つであることは間違いない。いつ開通するかもわからない鉄道に巨額を投資しても、道路の穴ひとつ直せないのがハワイだ。

ガソリン価格、道路状況、交通渋滞、保険料、駐車料金、車両メインテナンス費、修理工場数、車両盗難など31のチェック事項において、ハワイはほとんどが最悪の下位を占めている、ハワイらしいと言えばそうかもしれない。

連日続く雨で、ひび割れた道路に雨水がしみ、車が通過するたびにアスファルトが剥がれていく。そして、大きな穴(pothole)になる。鍋(pot)のような穴が連日出現しているのが今のハワイだ。

穴の中には深さが30cmにもなるものもある。穴にはまってパンクする車、車輪の軸を壊す車もいる。ひどい道路が原因の車の修理費の平均が$600にもなると言われている。今年は連日の雨でそれ以上になるかもしれない。

前方の道路に穴があるのかどうかを気にしながら運転しなければならない。ハワイでは2013年から6年間で23万個の道路の穴を埋めてきたが、穴にアスファルトを部分的に流し込む応急処置だけでは、雨が降るとまたすぐに掘れてしまう。

ホノルルの中心部ダウンタウンのキングストリートを穴を避けながら車を進めなければならない状態は、第三国の道路を走っているようだ。どうして全面的なアスファルト舗装工事ができないのだろうか?ハワイの行政を象徴するような道路の穴にはうんざりだ。

*レインボーカウント: 午前8時半に出現 2023年 8日

2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



ワイキキ価格は存在する

FullSizeRender

先月にワイキキの中心クヒオ通りに開店したワイキキ・マーケットは、観光客向けの特別価格のマーケットのようだ。今の世界の実情を考えれば、ワイキキの一等地でお手頃価格が存在するのが不思議なことだ。

かつてこの地にあった庶民のスーパーマーケット「フードパントリー」が生まれかわったと考えない方がいい。まったく異なる別なマーケットの出現だ。売り場面積も半分以下で、今風の近代的なワイキキ・マーケットになった。一通りの物はそろっているものの、品数は限られていて選択の余地は少ない。

このワイキキ・マーケットだけの買い物で生活をするとなると、かなりの出費を覚悟した方がよさそうだ。会員制スーパーのコスコで人気のチッキンの丸焼き(4.99ドル)が、ワイキキマーケットでは2.4倍の11.99ドル(1615円)で販売されている。コスコと比べるのは酷だが、一般スーパーでもこんなに高くはない。

新しくできたビルでの営業で、ワイキキ・マーケットも高い賃貸料など店舗維持費がどれほど高いかは想像できる。この地で商売するには庶民に支持される価格では利益がでないことはわかり切ったことだ。3年前にもそれなりのワイキキ価格が存在しただろうが、今はそのワイキキ価格が顕著な時代となったと言うことだろう。

*レインボーカウント: 午後5時過ぎに出現 2023年 7日

FullSizeRender

2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



環境にやさしいハワイはウソ?

FullSizeRender

ハワイ州は昨年9月からオアフ島の飲食店で、使い捨てプラスチックと発泡スチロールの容器が使用禁止となった。もちろんプラスチック製のストローも禁止だ。

条例に違反すると、まず警告書が発行される。警告書が数回になると罰金が課せられることになる。違反ですぐに罰金にならない緩やかなもののようで、まずは少しずつプラスチック廃止に移行していくのらしい。

プラスチックや発泡スチロールの容器で販売しているフードトラック店舗などは、コロナウイルスで痛めつけられ、行政には安い容器の使用禁止条例で更に大きな経済負担を強いられることになる。苦しむ飲食業界は、この変化をどのように対処するのだろう。

ファーストフードのマクドナルドは、ドリンク類のストローや容器はまだプラスチックのままだ。ハンバーガーなどの容器などは紙製に変わったものの、業界一位のマクドナルドのドリンク類の容器やストローは変わらずプラスチック製のままだ。

ファーストフードはほとんど、どこもプラスチック製のストローのままだ。一時は紙製のストローに変えたところも、今はほとんどがプラスチック製に戻している。条例が施行されて半年経とうとしているが、違反してもすぐに罰金にならない緩やかなものであまり意味のない条例のようだ。

環境にやさしいハワイはどこに行ったのだろう?環境問題も結局は一部の人たちの自己満足にすぎない。環境にやさしいはずの電気自動車も結局は環境にやさしくなかったりする。環境問題はしょせんそんな意識の人たちが騒ぎ立てているだけのようだ。


2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



ハワイアン航空のコマーシャル

20111213 031

ハワイアン航空の業績が、本土からの観光客増のおかげで予想以上に戻っているようだ。アマゾンとは先8年の貨物契約も更新している。アメリカ国内の旅客数は2019年比で116%増と好調だが、外国からの旅客数がまだ52%止まりだ。後は日本からの観光客の戻りを期待するだけだ。

今年になってテレビで流れているハワイアン航空のコマーシャルがセンスがあって人気だ。コンテンポラリー・ハワイアンの代表曲となっているジョン・クルーズの「アイランド・スタイル」が使用されている。ハワイの風景が見えるハワイらしい選曲だ。

コーラスが印象に残る曲で、今ではハワイを代表する歌の一つになっている。ハワイ訛りで歌うジョン・クルーズの歌は、本土の人たちに異国情緒を感じさせ、ハワイが舞台の映画やドラマの中でもよく使用される曲だ。マグナムPIのシーズン4でもジョン・クルーズがバーで歌うシーンが登場している。

On the Island, we do it Island Style,
From the mountain to the ocean, from the windward to the leeward side.
みんなで合唱できるハワイアンで、ハワイの風景を端的に表している名曲だ。ハワイアン航空のコマーシャルにはぴったりの選曲だろう。






2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



相次ぐ閉店のレストラン

FullSizeRender

先日紹介したマウイ島で新しいハンバーガーフランチャイズ・レストラン「ソニック」が今日オープンした。開店前から長い列ができて大盛況のようだった。来年はオアフ島のカポレイでも2号店がオープンの予定だ。

同じマウイ島で20年以上営業してきたステーキハウスの「アウトバック」が昨日の営業を最後にマウイ島から撤退した。ステーキハウスの「アウトバック」はオアフ島ハワイカイ店も26日に閉店する。

来年はカポレイに「ソニック」がオープンの予定だが、カポレイで10年営業してきたファミリーレスラン「ルビー・チューズデイ」が明日を最後に閉店する。フランチャイズのオーナーによると、週末の一番の稼ぎ時に十分な従業員が集まらないことが大きな理由のようだ。

原料費や固定経費、従業員の賃金の高騰など今は飲食業には逆風が吹き荒れている。ハワイに観光客が戻っても3年前とは違う。世界を取り巻く環境が大きく変わってしまった。飲食店の運営は3年前と比べて、ますます困難になっている。新たにオープンする店舗の船出は、決して容易いものではないだろう。


2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



ひき逃げ犯自首で釈放

FullSizeRender

水曜日の朝6時半、カピオラニ通りで通学途中のマッキンリー高校2年生の2人の少女がひき逃げの事故にあった。2人はバスを降りて横断歩道の信号が青に変わるのを待って、信号が青になって渡り始めたところだった。事故現場は歩道から30cmも離れていなかった。

この事故で17歳の少女が1人亡くなった。信号無視でひき逃げをした運転手(45歳男)は、現場から逃走し数ブロック先に前面が破損したピックアップトラックを放置して、翌日夕方にホノルル警察本部に自首した。容疑者は過失殺人事故の容疑で逮捕されたものの、すぐに釈放されている。

日本人の私たちに理解できないことは、信号無視の無謀運転のすえ1人の命を奪った容疑者の身柄が拘束されていないことだ。容疑者はひき逃げの事実を認めているのにもかかわらず、法対応は決定的な証拠がないことで容疑者は釈放されている。

容疑者がその事故を本当に起こしたと証明できる目撃者探しなど、さらなる捜査が必要になるようだ。容疑者の身柄を拘束するには数か月かかることもあり、事故の判決が出るのには数年もかかるという。これでは被害者が浮かばれない。

事故を起こした容疑者は、1996年以降に164件の交通違反を犯し、過去5年では12回の無免許運転で6度有罪の判決を受けている前科のある人物だ。本来ならば、車を運転できないはずだ。こんな容疑者を野放しにしているから、今回のような悲惨な事故で尊い命が奪われることになった。事故は起こりべくして起こったようなものだ。

素人判断では、ひき逃げ事故後に見つかった放置された車両のハンドルの指紋を取れば、犯人は簡単に特定できそうなものだ。目撃者がいなくても十分な証拠とならないのか。犯人は飲酒運転をしていたのだろう。アルコールが完全にぬけた36時間後に自首をしている。

世の中には理不尽なことが少なくない。限りない可能性のある若い命を奪ったドライバーが自首しているのに、容疑者は現在も自由の身。何か間違っていないか?ハワイにはこんな悪質な無保険、無免許のドライバーが少なくないのを忘れてはいけない。



2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



ハワイにソニックがやって来る

FullSizeRender

「ハワイにソニックがやって来る」 そんなことを私のブログで紹介したのがちょうど7年前。その時の情報では、2018年にはオアフ島でオープンの予定だった。そのソニックが今度は本当にオープンするようだ。オープンするのはマウイ島の空港近くカフルイ地区だ。

「ソニック」はテレビのコマーシャルでもよく見かけるハンバーガーのファーストフードチェーン店だ。日本人にはあまり馴染みのないハンバーガーのファストフードは、「America's Drive-in」をキャッチコピーにするちょっと変わったお店だ。

ドライブスルーではなく、ドライブインという形式で他のハンバーガー店にない特徴を持っている。ドライブスルーのように列に並んで順番を待つ必要がない。車に乗ったまま注文できるだけでなく、そのまま、車の中でゆっくり食べることもできるスタイルだ。

私は本土のソニックで食べたことがある。ごく普通のハンバーガーだった。車社会のアメリカらしいスタイルのハンバーガー店だが、ハワイは特殊なマーケットでビジネスを成功させるのは決して容易くない。新しい物の人気で一時的に話題にはなるが、すぐに人気の潮が引くのがハワイだ。


2つのランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



line-52



プロフィール

tigger

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

市況

最新コメント
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
ブログの文章&写真の 無断使用禁止